がじぇったー

お金と家電とプログラミングのブログ

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義(名著読み直し)

おはようございます。

がじぇったー (@hackmylife7) | Twitter




です。

今日はこの本を読み返してました。

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

  • 作者: ティナ・シーリグ,Tina Seelig,高遠裕子
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2010/03/10
  • メディア: ハードカバー
  • 購入: 475人 クリック: 17,353回
  • この商品を含むブログ (395件) を見る

今読み返しても良い本だなぁと思います。若い時に感銘をうけたことを思い出しました。




TL;DR(要約)

  • 一番大切なことは仕事だとは思わずに取り組める役割を、社会の中に見つけること

はじめに

チャンスは無限にある。
問題の大きさに関係なく、今ある資源を使って、それを解決する独創的な方法は常に存在する。=起業家精神
私たちは、往々にして問題を狭く捉えすぎている

社会から求められているのはT字型の人材。T字型の人材とは、少なくとも一つの専門分野で深い知識を持ち、イノベーションと企業か精神に関する幅広い知識を持っていて、異分野の人たちとも積極的に連携して、アイデアを実現できる人たち。

成功するかどうかは、失敗の経験からその都度、教訓を引き出せるか、そして新たに身につけた知識を武器にして前に進めるかどうかにかかっています。

2章 常識破りのサーカス

問題は数をこなすほど自信を持って解決できるようになる。自分に何ができるのか?それを決める最大の要因は「心構え」です。

どんなに大きな問題も解決するにはまず、問題を明確にしなければならない。

ニーズを掘り起こすのに必要なのは、世の中のギャップを見つけ、それを埋めること

大事なのは時間をかけて常識だと思われていることを洗いざらいあげていくことです。

大きな問題を、これまでにない方法で解決して指名を果たすことを目標に掲げれば、最初から金儲けを目指すよりも、儲かる可能性はずっと高い。

第3章 ビキニを着るか、さもなくば死か

頭の中で決めて限界は、社会に課されるルールよりもずっと強制力が強い。私たちは自分で自分の監獄を作っている。

不可能に思えることに挑戦する上で、一番邪魔になるのは、周りからできるわけがないとはたから決めてかかられることです

イデアに悪いものなどない、そう考えられれば、ブレインストーミングは成功。実現可能性がなければ価値はない、という思い込みをなくす必要がある。

経験を積めば積むほど、選択肢の幅は、自分が思っていたよりもはるかに広いことがわかるはず。立った一つだけルールがあるとすれば、あなた自身がエネルギーと想像力を開放してあげればどこまでも行ける、ということ。

第4章 財布を取り出してください。

人間は二つのタイプにわかれる。自分のやりたいことを誰かに許可されるのを待っている人たちと、自分自身で許可する人たち


新しい分野にうつる場合、それまでに身につけたスキルを生かす方法を見極めるのが最善の方法の一つだと言える。


自分の持つスキルの幅を積極的に広げ、リスクをとって新しいことに挑戦する人の方が、自分のスキルや潜在能力はこれだと決めつけ、決まった役割に徹する人たちに比べて成功する可能性がはるかに高いことは、数多くの調査で示されている。

リーダーになろうと思ったら、リーダーとしての役割を引き受けることです。ただ、自分に許可を与えればいい。

第5章 シリコンバレーの強さの秘密

成功者の多くは、失敗している。


どんなに優れたアイデアでも、成功するまでには多大な労力を必要とするため、問題にぶつかった時、いつか突破口が見つかると期待してやり続けるのか、それとも見切りを付けるのかを見極めるのは、とても難しいもの。

心んお声に耳を傾け、選択肢を検討しなさい。まずは自分自身と正直に話し合わなければなりません。成功するまでとことんやる覚悟はあるのか、

それとも別の道を選んだ方がいいのか、自分に聞いて見ることです。


外にでて、多くの物事に挑戦する人の方が、電話がかかってくるのをじっと待っている人よりも成功する確率は高い。

第6章 絶対嫌だ!工学なんて女がするもんだ


情熱は出発点にすぎない。能力があり、それを生かせる市場が大きいのであれば、その分野で仕事を探すべきだと言える。情熱とスキルと市場がかさなりあうところ、それがあなたにとってスウィートポイントである。

自分のキャリアを狭く捉えて、その枠内でしかうごこうとしないのは間違いであり、面白いチャンスを耐えず与えてくれる組織で働くべきだと知っているのです。

一番大切なことは仕事だとは思わずに取り組める役割を、社会の中に見つけることだと思います。

第7章 幸運は自分で呼び込むもの

目標を決め、その目標に向けて懸命に努力すれば、運命は変えられる。

運のいい人たちには、一般の人よりも幸運を日々混みやすい共通の資質がある 。

目の前に転がってきたチャンスをいかす。

運のいい人たちは、道のチャンスを歓迎し、経験のないことにも積極的に挑戦します。よく知らないジャンルの本を積極的に読み、あまり知られていない場所を旅し、自分とは違うタイプの人たちと付き合おうとしている。

運のいい人たちは外交的。

運のいい人たちは楽天的。

第8章 自己流から抜け出そう

あなたのために何かしてくれた人に対して、感謝の気持ちを示すかどうかで、あなたの印象は大きく変わります。自分のやっていることを中断し、わざわざ時間を咲いて、あなたの願いに答えてくれたのです。それがわかっていれば、お礼を言わないなんてあり得ません。

評判ほど大事な資産はない。だから評判はしっかり守ってください。

自分の行動に責任を持ち、経験から学ぼうとする姿勢が大切だということです。それができれば、すぐに先に進めます。
交渉を成功させる鍵は、全員にとって最大限に有利な結果を引き出せるように、全員の利害を探り出すことです。

私たちは誰かの負けと引き換えに自分が勝つ状況に慣れすぎている。人助けの習慣を身につけるのは並大抵のことではない。

最高のチーム・プレイヤーは他人を成功させるために苦労を惜しまないもの。

組織内で地位が上がれば上がるほど、個人としての貢献は重要ではなくなります。

第9章 及第点ではなく、最高を目指せ

光り輝くチャンスを逃すな
人生にリハーサルはない、最高の仕事をするチャンスは一度きり。
自分の人生に責任を持つのは最終的に自分自身。いついかなるときも、努力の足りないことの言い訳はできない。

第10章 新しい目で世界を見つめてみよう

わたしがつたえたかったのは、常識を疑う許可、世の中を新鮮な目で見る許可、実験する許可、失敗する許可、自分自身で進路を描く許可、そして自分自身の限界を試す許可を、あなた自身に伝えてください、ということ。

どういう精神状態にあるかで世の中が全く違って見える。上機嫌で人混みを歩いていると、色や音に気がつき、視界も広がる。気持ちがふさいでいると何もかもが灰色に見え、歩道のひび割れなど、不完全なものばかりが目に飛び込んでくる。

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

  • 作者: ティナ・シーリグ,Tina Seelig,高遠裕子
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2010/03/10
  • メディア: ハードカバー
  • 購入: 475人 クリック: 17,353回
  • この商品を含むブログ (395件) を見る